さいたま市 大宮 歯科 歯医者 インプラント 審美歯科 矯正歯科 ホワイトニング

埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-1 大宮イオン2F アイ歯科クリニック

予防歯科

予防歯科

予防歯科とは?

「歯医者は痛くなってから行くところ」という従来の通念とは異なります。「痛くないのに行くところ」「健康維持のために行くところ」、それが予防歯科です。虫歯、歯肉炎、歯周病など、お口のトラブルが発生してから治すのではありません。お口のトラブルの原因を作らないように予防処置し、良い口腔環境を維持するための助言・サポートを行います。
日本ではようやく注目されてきましたが、欧米諸国では予防を目的として歯医者さんへ通うことが生活習慣として浸透しています。

予防歯科と歯周病

歯周病とは、プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。痛みなどの自覚症状がなく、別名はサイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)。進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。
虫歯と並び、歯周病は歯がなくなる二大原因に数えられます。また近年の研究により、歯周病と全身疾患との関係性が明らかになってきました。予防歯科の大きな目的の一つは、この歯周病を防ぐことにあります。

PMTCとは

PMTCとは「Professional mechanical tooth cleaning」(専門家による歯の機械的清掃)の頭文字をとった言葉です。自分で歯磨きしても落ちない歯の汚れや細菌の巣(バイオフィルム)を、多くの場合は歯科衛生士が専用の機械を使用して、徹底的に除去します。
歯に取り付いた虫歯菌や歯周病菌は、歯の表面で増殖し、バイオフィルムを形成します。このバイオフィルムは強固で、抗生物質や殺菌剤は中の菌に届きません。このバイオフィルムを取り除くのがPMTCです。虫歯予防、歯周病予防には、定期的なPMTCが不可欠となっています。

フッ素塗布

フッ素は体に吸収される自然に存在している物質で、歯を丈夫にする働きがあります。フッ素塗布は歯の表面にフッ素を塗ることにより、歯を酸に溶かされにくくし、歯の再石灰化を促し、虫歯になりにくくする処置のことです。
ただし、「フッ素を塗れば100%虫歯にならない」というものではなく、日々の歯磨きや食生活は今までどおり気を配らないと虫歯になってしまいます。また、フッ素は即効性はなく、繰り返し塗布することで効果が現れます。